アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「癌病船シリーズ」のブログ記事

みんなの「癌病船シリーズ」ブログ

タイトル 日 時
癌病船応答セズ
イタリアでは、テロリスト集団として名を馳せる”蒼い旅団”。 その団長である、ジョルジュ・コロンボは情夫を病院に送る途中、 運悪く交通事故を起こし、情夫を置き去りにて逃走した。 情夫は近隣の病院に収容され、ウィルス感染による疾患と 診られたが、これまでに見たことのない体を黒く燃えつくすような 恐るべき症状と、あらゆる手をもってしても発見できない病原体 を抱えていた。世界最高峰の医療設備・スタッフを兼ね備え、 人類の希望を乗せて航海を続ける癌病船はその誇りのもと、 クローチェを収容し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/06 00:42
癌病船
アメリカのリチャードスコット記念財団は、 スコットのたっての願いを叶え、超巨大船籍・北斗号、 人呼んで「癌病船」を建造した。財団の資金を すべて投入したという癌病船は、膨大な最新鋭の医療機器を 搭載し、治療にあたる医師は三百名を越すという、 世界の病人にとって希望の医療船であった。 船長には、スコットとは旧知の仲であった、誇り高き海の男・ 白鳥鉄善、病院長にはスコットの構想に涙したという ゲーリー・ハリソンが就任し、八百人の患者を乗せ、 人類と癌との闘いの船出に就くのだった。 ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/30 01:15

トップへ | みんなの「癌病船シリーズ」ブログ

西村寿行を安楽死から読みつくす 癌病船シリーズのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる