アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「無頼船シリーズ」のブログ記事

みんなの「無頼船シリーズ」ブログ

タイトル 日 時
無頼船ブーメランの日
北極圏から奇跡の生還を遂げた無頼船。地中海では 一度、地対地スティンガーミサイルの攻撃を受けたこともあり、 アフリカは喜望峰経由での凱旋を試みる。これまでの歴戦の 傷跡を癒すため、ドックでエンジンを取替え、最新式ソナーや 衛星通信機材も装備し、充分にパワーアップさせた。しかし、 もはや世界のペーパーパイレーツを敵に回した無頼船は、 アフリカでも予想だにしていなかった魚雷攻撃を受けてしまう。 どうやら、この攻撃は激化する南ア情勢のどさくさに紛れて 引き起こされた国籍不明艦によるリベ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 00:40
無頼船、極北光に消ゆ
堅野が人妻と駆け落ち?!久々に日本に還ってきた、 無頼船こと孤北丸。クルーの騒動は陸に上がってもつきない。 還ってくるやいなや、麻薬密売事件に巻き込まれ、 キャプテン包木が、胴沢が、中股が、突撃を開始する。 一方、孤北丸の知恵袋・斯波は、単身ペーパーパイレーツの 捜査のため、紅海側の小国・ジプチへと旅立つが、フランス系が ほとんどを占めるジプチでは、東洋人は差別されており、 思うように動けない日々を過ごす。さらに、クルーの中では 一番信頼できる斯波を、敵はあっさりと姦計に嵌め、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/22 01:28
魔境へ、無頼船
無頼船こと狐北丸は、再びペーパーパイレーツを追っていた。 保険機構の草分け的存在、ロイド社に真っ向から挑んできた 今回の敵は、魔の海峡として名高い・バミューダトライアングル で八隻の船団をほぼ間違いなく偽装で沈めているという。 また、ロイド社の仕向ける調査員をことごとく亡き者とし、 死に物狂いで証拠隠滅を謀っていた。調査員として無残に マシンガンで蜂の巣にされてしまった男の一人は、訳あって 狐北丸でクルーたちと旅を続けるジェーンのいとこ・スティーブ だった。怒り狂ったのはジェーン... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/16 23:36
攻旗だ、無頼船よ
無頼船こと狐北丸がペーパーパイレーツを相手に 死闘を繰り広げ、何度も地獄の淵に立たされた乗組員が 恐怖のあまり海を捨て、陸に散ってから1年が経とうとしていた。 元船長の包木の結婚式に船を下りた男たちが再び集結したが、 陸に彼らの居場所はなく、誰一人としてまともな暮らしの できているものはいなかった。そこへ元東京地検特捜部検事の 斯波が新手のペーパーパイレーツ退治の話を持ちかけると、 胴沢、中股ら、かつての乗組員たちは、待ってましたとばかりに 再び弧北丸へと乗り込んでいくのだった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 01:21
無頼船
幼い頃母に捨てられ、拾われた独航船(トランバー)で育ち、 情に厚く、喧嘩は無敵の海に一生をかける勇敢な船長(キャプテン) 包木一膳(かねきいちぜん) 仏門から裏社会まで渡り歩き、最後に包木の船に流れ着いた 坊主頭の大男、力だけなら包木にも引けをとらない甲板長(ボースン) 胴沢喜三郎(どうざわきさぶろう) 船員の中では、マシな判断力と知識を持つが、それでも喧嘩騒ぎと 女のためなら、仲間を蹴散らす気性の荒さを出す機関長(チェンジニア) 中股権介(なかまたけんすけ) 逃亡中、料理の腕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 00:12

トップへ | みんなの「無頼船シリーズ」ブログ

西村寿行を安楽死から読みつくす 無頼船シリーズのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる